--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.04.2923:59

2005年4月29日(金・祝) 兵庫三宮・神戸VARIT.

?HAPPY END & メガマサヒデ企画「日本発狂」

先日梅田バナナホールで見た、THE PORTUGAL JAPANをまた見たい!!
28日分のライブレポを更新後、神戸へ向かう(笑)
新幹線指定席は満員。立ち席移動はつらいぞ!!

17:30、おおよそOPENの時間にVARIT.到着。地下へおりるとまだまだガラガラの店内にDJCHERRYBOWIEとゴーグルエース/カマチガクの選曲が流れる。

1. モニカーズ
吉川晃司のコピー?いえ、カバーだそうで(笑)メンバ紹介「小吉川晃司」x4、ゲストに布袋君。(笑)(笑)音がどうというよりも単純に楽しまさせてもらいました。次のライブの予定はないですが、別バンド「コンプエックス」もあるそうで(笑)ライブで見かけたときは楽しみましょう。

2. LUCY&THE LIP STIX
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。
一晩寝たらどんなバンドだったか全然覚えてないです。

3. LOS Tailors
楽しいバンドだったなぁ。踊りやすいと言うか。
ベースの女性のダンエレクトロ・ロングホーンベースが無性に気になった。

4. ザ・サイクロンズ
言わずと知れた(笑)サイクロンズ。グループサウンズお好きですかー?

5. THE PORTUGAL JAPAN
「バック トゥ ザ フューチャー」のBGMで幕が開き登場。
前回と同じように、黙々と曲が続く。この無骨さと言うか、ハードさがいいよね。やはり、凄いドラムだぁ。
全回ポップと思ったのはボーカルの声質のせいだと思うけど、そこまで含めて、ポルトガルジャパンの魅力を作ってるのだろう。彼女らの曲を知っている今は気にならなくなっている。まさか、YellowMachineGunみたく女性の太太低音で歌っても、この魅力にはならないからね。
ハードなバンドはいくつも知っているけど、ポルトガルの場合そのステージすべてがハードです。

6. メガマサヒデ
神戸でのライブをよく見てる。アコースティックギター、一本によるライブ。MCが絶品。同じ社会批判するならサンボよりこっちの方が好きかも。
見た目は以前のシルクハットかぶってた頃の方が、な、何やこいつ!って感じで好きだったけど。一般的には受けるのかどうか分からないけど、神戸にお越しの際にはぜひチェック!
スポンサーサイト
2005.04.2823:59

2005年4月28日(木) 渋谷・Lamama

『Sonic Flower Groove』

三軒茶屋Heven's DoorのRBV終演後急ぎ、渋谷ラママへ移動。
のはずが、渋谷の街で迷う(;;)
Super Egg Machineの登場は9時と聞いたのに、もう15分も過ぎてるよ(T T)
この界隈のはずなのに人に聞いても知らないし、コンビニも見つからないんでぴあで確認もできない。
大の大人が泣きべそかいて渋谷の街をうろつく。シュール!
お、コンビニだ!今度こそぴああって頂戴、神様仏様辨天さま!!

何とか着きましたウル(;;)
到着までに登場された方はこの方々

Shocking Lemon
the lovemachine
N.E.S

4. SUPER EGG MACHINE
3月11日。念願のSUPER EGG MACHINEを京都MOJOで見た。
曲のつくりやギター、ベース、ドラムの音や激しさ、これらにガツンとやられ、一気にファンに。CD3枚大人買い。レスポールの音が気に入って、ギターまで買ってしまったり。また関西来てねって約束したのに、突然の解散発表。これはつらかった!まだ曲のタイトルもメンバーの名前さえも覚えてないというのに(泣)
発表されたラスト3回のライブ。いずれも関東のため参戦できるか微妙だったけど、なんて運がよいのだ。出張でほんちゃんラストライブに参戦できました♪ライブハウス到着までに難があったけど(笑)
これって職権乱用?

あふれる人の隙間を縫って何とかステージ前まで移動。関東での人気は尋常じゃないね。
長い転換の後にいよいよメンバーの登場!「うぉーぉぉぉぉ!!!!」野獣どもの雄たけびが!
もちろん俺もその中に混じる(←だからスーツでやめなさいって!)
最初から飛ばしていくね。はじめてみたときと同じように音の一つ一つがリズムの一つ一つが俺を襲う。ラスト?そんな言葉忘れたよ。
2曲目あたりだったかな?何かを話したベース弘美さんの目に早速涙が(ウルウルウル)
マリーピーさんのMCでは「普段は曲の説明はしないのだけど…」と前置きして曲紹介。大事な人以外がすべて敵になってもという想いの曲だそうです。タイトルは…CD聞いてチェックしなおさないとわかりません!
さらに曲は続く。マリピーさん、弘美さんステージ前まで出てきて客をあおる。客席の波は収まらず。

そして素敵な曲たちが終わり、まだ聞きたいまだ聞きたいという想いが自然とアンコールを求める拍手と歓声に。

まずはドラムの舞さん登場。エッグへの想いを語る。
Baの弘美さん、12月からの参加ということで緊張とプレッシャーを語りながら、「今日もありえん位緊張した。」
最後はマリピーさん登場!Super Egg Machineという5年間、たくさんの出会いに感謝。九州弁?素敵でした。
アンコールに答え、拍手が止まぬ中、スティックやピックを客席に投げ、ステージを後にする3人。終わってしまうんだな…

俺にとっては短いSEMとの付き合いだったけど、ホンマありがとう!俺の中ではすでに伝説だ!
また何らかの形で会えることを楽しみにしてます!

スタッフさんによるとHPは1ヶ月ほど残るそうなので、SEMをチェックしよう!!
2005.04.2823:59

2005年4月28日(木)東京・三軒茶屋Heven's Door

【三軒茶屋シティハードコア vol.65】

本日愛するRED BACTERIA VACUUMのライブがあるってことなんで急遽参戦!

1. RED BACTERIA VACUUM
初参戦の友人(菌、バクテリアにふさわしい名前だなぁ笑)とともにステージ前に陣取り。彼はコアなの?モッシュあるの?観客怖い?としきりに気にしてる。
どれも正解!ハードでコアで素敵なやつらです。はは、普段聴いてる音楽からすると度肝抜かれるかもね(笑)

客電が落ち三人が登場!絶叫とともにライブが始まる!
彼女らのライブはどこ行っても熱いね!客席も歓声とともにヘッドバッキング!やらこぶしを振り上げるやら!MCはまったくなく曲が黙々と続く。客席も動き止ることなく歓声が続く。負けずに俺も頭振り振り。スーツで頭振る姿ってハタから見ると変?
そして突如曲が終わると同時に客電が落ち、退場。

バクテリアと対バンするバンドってものすごく見てみたいけど、本日は次の予定があるため、移動。スマヌ(^人^)
登場は以下の方々↓
スラングブギー
COLORED RICEMEN
SCREAM OF THE PRESIDENTSvsYOSHIYA
NO-ALL
2005.04.2423:59

2005年4月24日(日) 大阪・梅田バナナホール

a maple charm production 「Wonder Charm」

出演バンド見て急遽参戦決定!こんなメンツが一堂に会するなんて!!

1. マキ凛花
梨花とちゃうで!
初めて聞いたのはもう一年も前になるけど、スケジュールが合わなくてお気に入りながらも聞けず。タバコの煙る暗いハコでウィスキー片手に聞くと似合うキャバレー風な印象を持ったのを覚えてます。
今回はバナナホールという広い会場なんで、果たしてどこまで魅力が出るかと心配したけど、独特な甘い語り口調でバナナがキャバレーに見えた。彼女の持つオーラだね。
フルバンドでゴージャスなイメージでスタートし、中盤はピアノのみで歌い上げる。大人のジャズだね。
追々まだ一バンド目だぞ(うれしい悲鳴)

2. chocomates
岡山から来阪の初めて見るバンド。一バンド目のマキ凛花の雰囲気から打って変わってキャンディーな可愛いイメージに。
俺的には?な曲だけど演奏はしっかりしていて途中ドラムの音が出ないハプニングがありながらも、崩れることなく彼女らの音楽を魅せてくれました。
あ、目が娘を見守るおとーちゃんになってる(笑)
だって可愛いんだもん!!

3. 服部正太郎と彼のオーケストラ
これは偶然見れてほんまラッキー!
よくタワレコで視聴してましたが、買い順後回しでまだ手にしていないけど、生で見れるとは!
JAZZでいいんだよね?
落ち着いて聞ける大人の音楽。
たまにはこういうのもどう?

4. 片山ブレーカーズ&ザ・ロケンローパーティ
本日の企画タイトル「Wonder Charm」に彼らを出してよいのか?(笑)
男臭い泥臭いロックバンドです。ロケンローです(笑)つかみがうまいと言うかMCで笑わされつつも、のりやすいポップなロケンローから派手なジャンプやスピーカよじ上る、ギター回すとかっこいいロックまで自由自在。
パーティーだ!楽しめ!

5. デリシャスィートス
これはお薦め、破廉恥歌謡。60年代雰囲気ですか?レトロでポップでキュート。
chocomatesが見た目可愛いに対し、こちらはステージが可愛い。
可愛い衣装とダンス、それにマッチした曲。さらに要所で登場する佐藤梟嬢がまたいい味出します。
最後ははいてたパンツをするりと脱いでお客さんにプレゼント。さらに幸運なお客さんは彼女たちと一緒にポラロイド撮影。
見て楽しめ!

6. THE PORTUGAL JAPAN
本日聞いてみたかったバンド。最近ライブハウスでポスター見て、チェック入れてました。ハードな見た目で俺好みな予感。ははは、ロックは見た目も大事だから。
白いファイアバードと白いサンダーバード。おぉ!
登場すると黙々と演奏が始まる。
???
あれ?思ったより演奏が軽いぞ?ハズレ?
なんて思っていると2曲目、3曲目と彼女らの動きが激しくなるとともに音も派手になっていく。
うぉぉぉーーー、すげー!!
最後は放り出すように舞台袖へと退散。かっちょぇぇーーー!!
てことで、4月29日神戸VARIT.も参加だな。
フロント2人に目がいきがちだけど、実はドラムも凄くて、力強いドラムは1曲目からスティックを折ったり、放り上げたスティックがタムにあたり横に飛んでったり。案外笑えた。

7. GO!GO!マグネグflowerモモンガ
以前見たスパイ大作戦みたいなのはあんまりXXXXなのだけど、今日のはよかったな。
また見たいと思ってしまった。
いやそれより今回こんなに凄いバンドばかり集めた彼女らの企画力に乾杯!次も期待してるよ!
2005.04.2223:59

2005年4月22日(金)神戸バックビート

?KOBE BACKBEAT V.A.?神戸ロックン☆ロール不沈艦!レコ発SP

ex.京阪ガール、有カリンがついにバンド活動再開!

OA ザ・チェリーズとバイバイ☆キャッツ
有カリンの新バンド。事前情報ではモータウンてことでした。ライブファンの期待も大きいのかな?始まると同時にステージ前にお客さん集合。
本家モータウンをよく知らないのでモータウンとしてどうこう評価は出来ないけども、女性3人によるボーカルがいいね。
これからが楽しみなバンドがまた一つ増えました。

田成重尾を聞くために神戸VARIT.へ移動のため次の3バンドは聞いていません。
OA (ヤァヤァガール) モガブティック☆スパンコール
THE BOTTOMS
The Velvet Mantles

3. MCC
VARIT.まで往復したため、かなり酔いが回ってる(笑)
MCCはこれまで何回も見ている、ボーカルがマスクしたバンド。MCが面白いんだけど今日はまじめに歌ってたねぇ。
途中客にマスクを脱がされていましたが(笑)

4. 少年ナイフ
もはや大御所?特に女性バンドには彼女らをレスペクとしてるバンドが多い。
有カリンのいた京阪ガールの曲にも登場しますね。
最近俺も少年ナイフの過去の曲をチェックしてます。
覚えやすいキャッチーなメロディーはさすが!

5. ザ・ゴールデンローファーズ
あ、だめだ…眠い…

付録
神戸VARIT. 田成重尾
ちょうど始まる頃にVARIT.到着。
走った走った。やべーぶっ倒れそう…
客は全然いない…俺のためのライブだな(笑)こりゃ思いっきり応援しなければ!
幕が閉じられ、ステージ前には白紙の目録と赤の墨汁と筆が。
なんとVARIT.店長、目録に近づき「田成重尾」と書き出す。ほんま入れ込んでるなー(笑)
DVC00005.jpg

そして幕が開き、田成メンバーの挨拶。
昨日はベース音が強く感じたけど今日はバランスよく、音が出てるなぁ。
いつもより高い位置にシンバルを構えたドラムセット。田成も気合いが入ってるぞ!
曲紹介も交えながら、演奏。新曲の振りが可愛いや。一緒に振り踊ったろ思ったけど、手のあがるところとあがらないところが分からず踊れず(;;)
ラストはやはりこれ、「塩ラーメン」
やはり田成りワールドは素敵です。ぜひ一度チェックを!
次回は5月29日(日)神戸VARIT. withソープランド揉身山、ハラショー。
2005.04.2123:59

2005年4月21日(木)神戸VARIT.「ロックの心 VOL.6」

東京から大好きなバンド田成重尾が来るってことで、神戸VARIT.へ。

1. Foggy Melancholic
到着した頃ちょうど演奏終了。という訳でコメントなしです。

2. SERIAL
かっこいいの一言!重い音と無骨なしゃべりが男っぽくてよいです。CDゲット!次回のライブ:5月4日十三ファンダンゴ、参戦予定!

3. 田成重尾
3月は衣替えでライブはお休み(笑)
衣替え後の田成はさらに可愛く変身していました。
緑の衣装でステージに登場3人でご挨拶。新曲も増えて、3枚CD明日の予定を繰り上げ、本日発売(笑)振りまでついて、魅せることも考えてるね。どれも好きだけど、「南国フルーツブルースカイがお気に入り」。神戸遠征の際お世話になってるすかいらーくを歌ったそうです(とは言っても、ライブ終了後朝までの時間つぶしに使ってるだけだけど)。
以前の田成を知っているときっと今の可愛さはびっくりするだろうな。絶叫ありの癖のある濃いバンドだったはずなんだけど。今も曲調は昭和ポップぽい雰囲気。
彼女らの凄いのはこれだけ曲調は変わりながらも、田成ワールドをしっかり持ち続けていること。
ただ今日はベースの音が強かったのがちょっと気になった。

↓このあとはよーく酔ってて(笑)チェック出来てないので、コメントで来ません。
4. TRIPLANE
5. WARIKIRI'S
気になる音をだしていたようだけど、酔いすぎて詳細チェック出来てない(;;)
6. SR
2005.04.1723:59

2005年4月17日(日)大阪・中百舌鳥クラブマッシブ

2月東京、3月大阪で見たフーバーが見れる!3月に見た電氣ブランははじけるほど楽しかった!友人のビートシャワーも久しく見れてなかったし、どんなバンドになってるかな?

OA. THE電氣BRAN
前回のライブで思いっきり楽しまさせてもらいました。マッシブに到着するとオープニングアクトのこと。!?。ちょっと意外。
でも出順は関係なく、いいバンドです。ライトなロックなので男も女も楽に楽しめる。乗りよし。うちら客のこともうまく載せてくれるので、ライブ終了後にまた見たいという気にさせてくれる。
この日は、アンケート書いたらデモCD頂けました。

OA. THE BEAT SHOWER
変わらねーな、お前ら(笑)
相変わらず女の子に人気あるし、ビミョーなトークが(笑)(笑)
YUMEは相変わらずの振り付き。これ好きなんだよな(^^)
初めて聞く自転車のやつ(ごめん!タイトルわからん!)もなかなかいい曲でした。
ビートシャワーも良かったけど、奈良のお客さんもおもしろかった。

1. フーバーオーバー
待ってました、フーバーオーバー!早口な曲調にハマってます。しかもボーカルの女の子がかわいい!
そういえば、「コレクション」って曲を10年前にコレクターが好きで作ったって言ってたけど、あれ?いくつ?
実は2年前からフーバーオーバーの名前は聞いていて、見たい見たい思ってたんだけど、なかなか関西には来ていただけず、2月に仕事で東京に行ったついでに、なんとか下北沢で見れました。あんときはライブハウスから人がはみ出るくらい満員だったけど、関西では知名度はまだまだなのか、かなりいいポジションで見れます。
前回、ここマッシブでゆるりと見れて、「コレクション、コレクション」頭の中で繰り返し。やっべ(^^;惚れたかも(笑)
以前書いた女の子を前面に押し出すロックの好例ですね。
本日は「コレクション」ゲット!
また会いましょうね!

2. THE COLLECTORS
有名らしんですが、俺は初めて。名前も知らんかった。10年前に↑のボーカルさんが見て曲を作るぐらいなんで、歴史あるバンドなんですね。
かっこいいとか熱いロックを想像してたら、おもしろいバンドでMC中は笑いながらニッコニコ。曲はライトに。でまたMC。楽しくあっという間にすぎる時間だった。
これ書くまでにちょっと時間が空きすぎて、ちょっと曲を思い出せないけど。

熱いロックではなく、楽しく時間を過ごしたライブでした。いつもなら頭を振って、汗かいて燃えるライブだけど、本日は笑って応援して、楽しみました。
なんかあとは風呂にゆっくりつかって、寝てしまいたいわ。気分よく今週も働けるぞ!と。

2005年4月20日記す
2005.04.1623:59

2005年4月16日奈良ネバーランド

10日前一年ぶりに華々しく復活を果たしたハラショーと1年前「三都物語」を開催した盟友406、さらにex物集女のハツワレ天満宮!これは「裏・三都物語」か!

1. キラコン
2. WONDER SUNN
3. ハチワレ天満宮
4. 金巴里
5. 406
6. THE KING
7. ハラショー

順番間違ってる?

1. キラコン
こちらも本日復活ライブだったそうで、なんか名前を変えると言っていたような?「The … Sun」駄目!思い出せない!
ボーカルが変わっての復活。まだまだ若いバンドなんだろうね。演奏が荒いし、ボーカルが聞こえにくい。MCは下手だけど一生懸命!好感。

2. WONDER SUNN
なんでNN二つなんでしょうか?
本日のお気に入り。
あー、だのに日を置きすぎて曲が思い出せないよ?(;;)

3. ハチワレ天満宮
ex.物集女のベースとドラムで構成。物集女の時もそうだったけど、低音に暗い歌が逸品。きっと癖になる(笑)
ドラムしょーこちゃんの途中で消えてゆくMCも素敵です(笑)

4. 金巴里
まさかまた会ってしまうとは!!
3ヶ月くらい前に梅田バナナホールで会ったなぁ。フランスっぽいんだろうけど、俺的には??

5. 406
4月6日に406の日を終えた406が登場!
三都物語途中にギターが一人抜け、ドラムが抜け、ほんま一時はどうなるかと。現在は新しいドラム・さやかが加入し活動しています。
最近気にしていたのは、女性3人になってしまって、以前のようなエッジのある、406サウンドが聞けなくなっていたこと。
でも今日はハードさを取り戻した406に安心した。
ユキが酔ってるから調子がいい?!(笑)
「スロットマシーン」早く音源にしてください。

6. THE KING
王道のロックンロール。
それより今日は「ロックと酒はつがいなんだよ!」
この一言につきる!
本人らもこれ行けたっと思ってるに違いない!

7. ハラショー
待ち望んでいたハラショー復活!厳密には406の日にワンステージこなしているんだけど、本人らから真っ先に発表のあった復活ライブなので、俺ん中では本チャン、ハラショー復活です!
サオリン、ばっしー、ユッチ、なお!おかえりー!
さて、彼女らの曲はなんて表現したらいい?彼女らしか作れないハラワールドだよね。
はたしてロックなのか!?
これはサオリンのなかでも悩んだ時期があるらしく、以前「ハニカムロック」を歌う前によくMCで話してました。今日は歌わなかったけどいい曲です!
ライブは新曲ありの以前と変わらぬハラワールド。おいおい何のために1年休んだんだ!?いい意味でね。
大豆フィーバーもみんな覚えてたね。やっぱりハラショーと言えば代表曲!
楽しい楽しい復活ライブも終わって、さあ呑みにいくべ、てか帰れない!

2005年4月20日15:20記す
2005.04.1523:59

2005年4月15日(金)大阪・アメ村Drop

待ちに待ったTyphoon24のライブである。
俺はBabamaniaのDAIGOのファンだったりする訳で、Typhoonは最近発売されたCD「HELPLESS」で初めて聞いた訳だけど、ゴリゴリハードでなかなか良い!
チウ訳で期待の一日!

OA. All Jem Colors
最後の曲があたりで到着。一年以上前に苦楽園イエロージャケットで見たなぁ。あの当初気に入って、音源を頂いているから、その頃と比べたら、ハードな音の作りになってるんじゃないかな?

1. Typhoon24
メンバーが登場すると女の子の黄色い声が!女の子に人気があるのはちょっと意外。イケメンでもないしメロディックな音でもないのにね。
Typhoon24とはCD1枚のおつきあいなので、曲名は分かりませんが、一曲目からゴリッと始まる。客席の雰囲気も同時に頭振モードに変わる。これこれこういうリズムとビートが好きなのよ。音に体を預ければ楽にリズムが取れる。
三人が代わる代わるボーカルを取りながら、最後の曲!お、目の前にいた女の子が突然ステージ方向に!モッシュが!モッシュが始まりました!(笑)
最後まで目を離せない男っぽい音でライブもGOOD!なバンドでした。MCがちょっと軟弱かも(^^;
残念なのはDAIGOにもっとしゃべって欲しかったなぁ…

2. KING BROTHERS
はい!次も漢(おとこ)です!ステージから飛び降り客席で客をあおる!こういうパフォーマンスは大好きだけど、今日はロックな曲を聴きたいのでちょっと遠くから見てたり。

3. 惑星
名前は何度も聞いているんだけどまともにライブを見るのは初めて?
女性が男顔負けのドラムを叩いてます。あんだけ叩けりゃ漢です!曲も気になるメロディーがあったんだけど、なにぶんただいま金欠で、音源買えませんでした(泣)

予想通りの漢なロックの日でした。爆音で内臓どころか、細胞膜の中の水分まで揺すられる。
最近レディスボーカルが多く進出してるけど、やはりゴリゴリで男臭いロックは男にボーカルを取って欲しい訳で、こんな漢々したライブが聴けるなんて、いい日だなぁ。
けっして女性のボーカルを否定するんじゃなく、男臭いロックを男以上にやってのける方もいらっしゃるのだけど、それは決して一般的なものになることはない。女性のロックは男性のそれとは行き着くところが違ってもよい訳で、所詮表現の一手段なのだから、男男してイコールロックではないのだよ。
実際俺はレディスボーカルのロックで癒されてたりします(笑)
2005.04.1510:52

モー娘。リーダー、矢口真理、週刊誌「FRIDAY」の報道を受け脱退。

?なニュースですね。今時恋愛報道でグループ脱退とは。
理由の一つにアイドルグループであるのにファンを裏切ってしまった、と。そんな純情一直線アイドルグループじゃないでしょ!等身大の少女、女の子だから一時代を築いたと思うのだけど。
メンバーには未成年者が含まれ…うーむ?近々妊娠でも発表されるのでは。こども出来ちゃったは確かに未成年者の教育には早いかもね。
2005.04.1423:59

2005年4月14日(木)大阪・福島2nd Line

久々に大阪でシーラヴアールのライブ。ベースの梅ちゃんが正式加入後の初大阪ライブなので迷わずライブ行きました。シーラヴ以外は初めて見るバンドばかりで、ちょっと楽しみ!

1. TRICOLOR
おそらくPAのせいだと思うんだけど、ドラムの音が沈んだ感じで、ギターもピーキーでちょっと音的には?だったけど、曲は良さげ。そんな悪条件の中でコーラスに引かれた。

2. シーラヴアール
最近にしては珍しい、2番目の登場。
・稲穂ロック
・空のさかいめ
・(新曲)
・(新曲)
・紫陽花
だったと思う。
すでにビール5杯を超え、非常に気持ちイィ。
MC覚えちゃいない。すんませんm(_ _)m
すっかり安定した演奏を聴けるようになったけど、やっぱ今日のPAあかんわ。ギターの音が強かったり、所々ハウッたり。シーラヴの音はこんなもんじゃないぞ!と思いながらさらにビールを2杯。

3. 4. PARABORAとGHOSTY BLOWが演ったようだが完全に落ちてました。ステージ前で完全に寝てたようで、出演バンドさんごめんなさい!

5. SOUL NATION
本日最後のバンドにしては物足りなかった。いかんせんパワーがない。
アンコールあったけど、軽い曲だったしね。やっぱり一日の締めくくりはガッツリ熱く魂揺さぶってほしいわ!聴きやすいせいか女の子には人気があったようだね。

久々の2nd Lineやったけど、全体としては不完全燃焼気味。目的のシーラヴもアルコールの飲み過ぎで新曲ちゃんとチェック出来てないし…ステージ前で寝ちまうなんて失態まで。
あはは、一本目のレポがこんなのになっちまったよ。反省。

===
追記
やっぱり酔っぱらいには記憶力ありませんでした。
シーラヴアールのセットリストは
1 稲穂ロック
2 空のさかいめ
3 空高くせつな色
4 紫陽花
5 恋ほのか
6 うす紅の雲
だったそうです。(2005年4月15日14:40)
2005.04.1216:48

タイトルなし

20050412164803
テスト
リンク
最近のコメント
プロフィール

きっちぃ

  • Author:きっちぃ
  • 音楽を愛す!ライブを愛す!友を愛す!
    素敵な毎日に乾杯!
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。