--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.1223:50

2006年3月12日(日) 東京赤坂・草月会館草月ホール

『インビシブルマンズデスベッド単独公演?特別編?』

創作およびレコーディングによる活動停止前の締めくくりライブ。
今だから書けるけれど、ホールってことで椅子あるし、いつものライブよりは1歩置いたようなライブを創造してました。
すでに前方は埋まっていたので後方の出口近いあたりを確保。客席の配置はうまくできているようでどの位置からでもステージは良く見えました。

PM17:00。若干押したか?
客電が落ちSEが流れ、メンバーの登場。
珍しくデスベットの挨拶から始まる。
「インビシブルマンズデスベッド単独公演『春の祭典』へようこそ」
ここからやるわやるわの新旧、動静を織り交ぜた20数曲。
俺みたいな新参のファンは知らない曲も多数含まれていて、ホンマ聞き応えのある2時間強!

特筆すべきは、パフォーマンスのよさとデスベットの歌唱力だ。
開演前は心配したホールでの公演だけど、ステージの広さや天井の高さもまったく気にならないパフォーマンス。ホールという音の良い空間でも楽しめる質の高い演奏。
後方で見てたことがかえって熱だけにやられない、じっくり楽しめるライブとなりました。

客席で感じた熱はデスベットも感じていたらしく、「最高のライブだった」と締めくくられる。
もちろんこのあとアンコールを求めるわけやが。
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

リンク
最近のコメント
プロフィール

きっちぃ

  • Author:きっちぃ
  • 音楽を愛す!ライブを愛す!友を愛す!
    素敵な毎日に乾杯!
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。