--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.2523:50

2006年12月25日(月) 東京渋谷・O-west


いくつかライブをチェックしてると、25日渋谷Owest、ヒトミリリィ、藤井万里子。

見つけちゃった

ヒトミリリィはおととい殆ど聞けなかったし、マリピーはCD発売後聞いてないし、てことで渋谷へGO!
2日連続のオーです!


Fonogenico
着いたときにはこのバンド。
ほぼ終わりだったので評価はなしですが、ボーカルの女の子を追っかけて、お客さんの大移動があったので、人気あるらしい。
知り合い見つけて、なんてバンド?って聞いたら、「小野順子」に聞こえた。

ヒトミリリィ
元気印の楽曲が好きだな。
でもwestみたいな広いステージだとVo&アコギの構成は難しい。
ジャカジャカかき鳴らすギターの音より、ちょっと押さえた音が綺麗に響いた。
一カ所だけ高温の出なかったVoが残念。
肝だっただけに次回楽しみにしてます。
ラストはプラグを外し客席を練り歩き。
こういうことの出来るバンド好きです。
タイミング合わずになかなか聞く機会がなかったけど、これからもチェック!武道館行くまで見届けましょう

ROUSE GARDEN
良くも悪くも。
ボーカルのこの歌声歌い方はかっこいい。素敵だ。
MCがいまどきの女の子のしゃべり方でずっこけた。
このボーカルの女のこのために集めたバンドなのかなぁ?
演奏は全体的に抑えてボーカルが目立つような音作り。
時々ソロパートで目立つことやってくれるので、技術持ってんだろうな。
で、曲はいいんでCDいただきましたが、バンドとして魅力のあるバンドになってほしい。


照明が付いて、帰りの音楽が流れる。
あれ?藤井万里子は!?マリピーは!?

トップだったそうです。
しかも別バンド左折成功のジャケットが見たことなかったので新曲!!と思って帰ったら>>>>ダブった

スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2006.12.2023:50

2006年12月20日(水) 東京・下北沢ベースメントバー

スタートが7時だったので、昨日知り合った陶芸家の方にご挨拶しに中野の展示会へ。
濃く問う焼酎をご馳走になりいい気持ちで下北沢へ。

途中CD購入。不謹慎シンドロームとイースタンユース。
相変わらずフーバーのアートno5は見つからない。

NEW DAY RISING !!! with スラハイ

1. メ
2. piece piles(新潟)
このバンドの途中に到着。
ロックバンドらしい、音とパフォーマンスに惚れ、CDお買い上げ!
所狭しと暴れまわるボーカルがかっちょええ。
久しぶりに見たサイケ柄のテレキャスがいいなぁ。
次のライブもチェックだ。

3. mig
オーソドックスなギターベースドラム構成とキーボード・打ち込み・ドラム構成と使い分けてたバンド。
ギターベースのときは普通なんだけど、転換してからのキーボードと打ち込みを使う理由がわからん。
ちょっと興味薄。

4. MODOWN
ドラムとギター2台という変則的な構成。

5. スラハイ
前回ギター弾きのうまさに引かれて、早く次見たいと思ってたスラハイ。
ギター弾きに関しては前回の三軒茶屋と比べて少し大人しめ?
変わりに3人ともよく動いて話してた気がする。
だって前回はギターの子微動だにしなかった気がするんだもん!!
ギターの音は完全に俺好みの音が出てました。粒立ちのしっかりした歪み!
SGが欲しくなっちゃったよ。
曲の作りも面白いから早く音源作って欲しいな。


おっと7時スタートで5バンドもやると終電間際になっちゃうよ。
今日こそ帰らなければ(^^;

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2006.12.1223:50

2006年12月12日(火) 東京新宿・ネイキッドロフト

予定していた中山うりをキャンセルして、やはりアコーディオン奏者だというピッピ隊長を聞きにネイキッドロフトへ。
生の音楽を一つでも多く聞けるのがうれしい。


8ピッピ(4)

1. ピッピ隊長
2. 8bit
3. ピッピ隊長
4. 8bit

そう、2ステージだったのだ。

ピッピ隊長
一言で言うなら、かわいい。
少女が素朴に歌い上げるようなそんなイメージでした。
アコーディオンが面白いなぁと思うのは、奏者によって表情がぜんぜん違うところ。
あまり多くはないけれど今まで聞いたのは

中山うり
黒色すみれ
coba (こちらはテレビに登場したのを拝見したことしかないですが)

と4人目になるけれど、一人として同じ音がないですね。

そして1曲ずつ説明しながらたまには失敗して歌いなおしたり。
本人も行っていたようにshowとしてのライブというより、歌いたいから歌う。
そこに僕らがいただけ。
そんな街角の音楽でした。

さらに2ステージ目はもの悲しい歌から始まる。
この哀愁さはアコーディオンだねぇ。
同じ隊長が演奏していると思えない、2ステージ目は悲しさを知った大人になりかけた少女。

演奏終了後、アコーディオンについて説明いただきました。
左手がはねるように飛び回っていたけど、ベース音やコードなど鳴らせるそうです。
てかベース音もコードも出せるなんて、しかも見えない位置についてる小さなボタンをよくあんなに軽やかに引けるものだ。


8bit
普段は16bitというバンド。
今日は一人アコースティックなんで8bit。
よーわからん(笑)
アコーディオンと比べるとギターはわかりやすいなぁ(笑)
この方はいい声だったな。心地よい声だ。
ギターはコード伴奏が中心になるんで、ましてひとりとなると、声は大きな武器だなぁ。
そしてMC。他愛もない話だけれど大いに笑わさせてもらいました。
2ステージ目のゲストさんは一見単なる酔っ払いに見えながら、いつの間にかちゃんとキーに沿った音が出ていた。
しつこいほどグダグダのMCになってしまったけど、いい味出てました。


初ネイキッドロフトは好印象!のんびり聞けるならまた生きたいなぁ。
と思ってたら、今日は友達、南谷真子嬢が出るようだ(笑)
どーする?俺?

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2006.12.1023:50

2006年12月10日(日) 東京新宿・JAM

今月はお楽しみが多い月だな。しかもことごとく被ってる。
そんな中で今日選んだのは、久々のライブ、ポルトガルジャパン!!

Sazanami Label presents [「OH!MORE!LET'S!vol.4」?ノリコ・オリーブLast Special!?]

1. 花団
回数は多くは見てないけれど、何度見ても花団のライブは面白い。
お笑いかと思いきや、演奏や歌もしっかりしているんだよな。
だからこそあそこまで出来るのかな。
本日はゴーグルのノリコ・ソーセージがラストってことで、ステージに上げてともに歌う。
妙に股上の深いジーンズの話など、スタイリッシュなイメージのある彼女が、花団マジックでお笑いに。
コール・アンド・レスポンスや「キャー」って言ってほしいとか。お客さんの返しが悪いとやり直し、後ろののりが悪いといってステージから降りてきたり。もう知らぬまに客席にも花団マジック。
何のタイミング間違ってか、俺一人「きゃー!!」という羽目にもなったりしたけど(笑)みんな振り返るんで案外恥ずかしい。
最後はメンバー紹介、Vo.カズさん紹介されないまま照明が落ち終演。
最後の最後まで笑える!

2. THE MILKEES
かわいい。で当然男どもに大人気(笑)
最近てか、女の子こういうファッションと音が好きだよねぇ。
いつの間にかもう3回も聞いている。
関東でやったライブより1回多い。

3. THE PORTUGAL JAPAN
初めて見た衝撃がいまだ忘れられず。
何気に見たライブハウスのポスター、全身黒1色のコスチュームにどっから探してきたんだー!?てフォルムのサングラス。胸の前で構えたクロスのポーズ。

これはスゲーバンドに違いない!

即効ライブチェックして、関西ツアーをチェックしたのが4年前?3年かな?
ロック、パンクスタイルを追及するスタイルはもちろん、ドラムの音にかなりビビリました。
去年は福岡まで行っちまったしね。

で本日はその時いただいたポルトガルジャパンT。
ミルキーズ終わった後の客の動きにあわせて移動、最前キープ。

音が出たとたんに全部ぶっ飛んだ。ヘドバン!!モッシュ!
東京で見るライブははじめてやったんで、どんなライブになるか心配やったけど、ポルトガルをしっるやつも知らんやつも暴れたー!

新しいドラムを探して大阪に拠点を移し、ニューポルトガルジャパンになったわけやけど、今までの黒白以外に原色カラーが入ったのがいかにも関西ベースらしい(笑)
ブルーのアイシャドーにユニオンフラッグのワーロックタイプのベース。
大阪→東京なら熊本ほど遠くないので、もっと東京までライブしに来てくれ!!

we want more!!

3バンド目ながらアンコール含む。


ご迷惑をおかけしたかたがたごめんなさい。


4. ゴーグルエース
大御所の登場。
今回のライブ、何でJAM?だったんだけど、東京で初めてやったライブがJAM。
ゴーグルの節目はぜひJAMでということだったらしい。
始まるころには会場いっぱいになって、こりゃ前まで行けへんなぁ、とカウンターでアルコールを呑む。

ゴーグルの音ってなんて表現したらいいのかな?
てけてけグループサウンドに歌謡曲を合わせた感じ?
外人さんもノリノリでビーチボーイズ見たいに聞いてるんやろかぁ?

俺が初めて聞いたときにはベースはすでにノリコ嬢だったんで、やっぱりちょっとさびしい。
ご挨拶であったように、今度は一緒に客席側からゴーグルエースを楽しみましょうね!
お疲れ様!

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2006.12.0923:50

2006年12月9日(土) 東京下北沢・251

前回、出張のためフリーノートとの対バンを見れなかったので、ちょいと久しぶり。
251に着くときれいに改装されててびっくり!
い、いつの間に!

"振袖空中分解 其ノ八"

1. Lucky13
確か去年あたりのミナミホイールとか出てなかったけ?
ようやく聞けた!って感じです。
ボーカルの男性の声が好みじゃねー!て思ったけど、中盤「カラスの色は」とその次のあたりがよかった。
この辺りの声はよかったなぁ。
スタートは出てなかっただけなんでしょうか?
ギターはテクニカルなタッピング、メカニカルなループの繰り返しで印象的。

2. セツナブルースター
ほかのバンドと勘違いしてたのかなぁ?
全然印象が違ったんですけど。と自分のブログを広げ過去確認。

あ、引っかかりませんね。

ちょいと盛り上がりに欠ける曲ばかりで後半退屈してました。


3. フーバーオーバー
今日ライブで会った友達はサイコー!サイコー!言ってたんやけど、ちょっと俺には不満の残るライブでした。
これはいつもと比べると後ろの方にいたせいかもしれない。音が小さいと言うかパワー不足を感じた。
特にスタート時には音ワル!!なんて思ったからねぇ。

新メンバーDrヨッシーの紹介や、2月に発売されるアルバム「不等式とその解」の発表があって、一気に終わったライブでした。

いつの間にかフーバーのライブにも人いぱーい集まるようになって、2山目が来たのかなって感じです。
あんなに人が集まってるのに、静かに聞く人多いですね。
前半微動だにしない頭に驚いた(最近こんなのばかり)けど、怒られつつも騒いで会場内に動きや声が出てくるとライブらしくなってきて、密かにうれしい自己満な俺がいるのでした。

12月23日は西荻窪ウェーバーでライブをするようだけど、かなり狭いライブハウスなんでチケット争奪戦かな?


テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2006.12.0723:50

2006年12月7日(木) 東京新宿・LOFT

もう以前からのお楽しみライブ!
これを見ずして何を見る!!

<SHINJUKU LOFT 30TH ANNIVERSARY“ROCK OF AGES 2006”「RHYTHM OF FEAR」>

0A ロジスティクス
会社の終業後すぐLOFTに向かったんやけど、ロジスティクスの途中に到着。
アホくさいけど、お馬鹿バンド大好きなんで、ちょいとチェック。
ステージ終わったら拍手喝采してしまった。

DJは浜省!マンデーー!!

1. ELECTRIC EEL SHOCK
夏のボロフェスタでみて気にしてたバンド。
この時期に2度目を見れるとは思ってなかったっす。
もう何がよいって、HR/HM。そしてMEGANEDETH(メガネデス)のT。
ボーカルさんがものすごくファンキーパンキーのボーカルさんに見えるのやが。

2. ロマンポルシェ。
バーでドリンクの見ながらモニターで鑑賞。
いや、好きなんですよ!ロマンポルシェ!
でも、今日はこの後暴れ!!だから!

3. ミドリ
客席よりまり子嬢が飛び出してくる。
へへへ、来たな!と思わずにやにや。
最近はすっかりミドリ目当てのお客さんも増えて、俺は中央最前に出遅れ。
最前右手側、スピーカー真正面(笑)
鍵盤のはじめちゃんが全然見えません(汗)

いつものようにステージから客席に飛び降り、のたうつように歌う。
どうやらこのとき事件は起きたらしい。
どうも酔っぱらったお客がまり子嬢に絡んで、取っ組み合いとなったようだ。

詳細は人ごみに隠れてて分からんかったけど、再びステージに上るまり子嬢はいつも以上に毒を吐き、鬼気あったよな。
特に東京ではよくMCで毒を吐くので、ますますこの路線を極めるのか!と思ったのんびりな俺でした(^^;

4. DMBQ
そしてトリはDMBQ。
最初から客席も異様なノリ。
増子氏の吐き出した唾が顔面ストライク!(笑)
もうこの瞬間からわけが分からないほど踊り続けた。
後ろからガタイのいいオニーちゃんに首掴まれてぶんぶん振り回されても笑って踊り続ける。(これ書きながら想像するとかなりキショイけど)
スゲーよ!スゲー!!
もう何も考えない!
音楽の原点。ただただリズムに合わせて体を動かす!!飛び跳ねる!
会場がひとつになる!

きもちいい!

ドラム和田さんは客席でドラムは叩かなかったけど、お客を集めて人間ピラミッド!
俺もまじりたかったよー!おそらくつぶれるだろうけど。

ライブが終わり、メンバーが引っ込むと盛り上がったお客さんたちとハイタッチ!
ノリに乗ってた外人オネーさんとその彼氏?とハイタッチ!
首もって振り回してくれたオニーさんとその友達にもハイタッチ!

今日は対バン最高!お客も最高!(この時点ではトラブル知らなかったので)
ロフト30thおめでとう!!!


近年まれに見る大はしゃぎだったらしく、翌日膝が痛い、筋肉痛。

DJ:柳家睦(BATTLE OF NINJAMANZ)/マサ"MAR-KUN"小柳(BIG RUMBLE PRO)

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2006.12.0623:50

2006年12月6日(水) 神奈川石川町・FAD

[ANARCHY STONE「和王ツアー2006?アナスト色に染めにいくぜ!!?」]

EMPTY、TUSには間に合わず。

3. STUD
ストレートにロックなところが好印象。
ステージアクションも考えているらしく、ベースとギター位置がきれいに変わっていく。あ、一度失敗して真ん中でぶつかってたか(笑)
曲は1曲目のドラムを含めた3人が順に歌ってくのがかっこよい。
ドラムが所々遅れてるのが気になった。

4. FacTrack
レディVo.。
最近には珍しく、ドンピシャ、ポップロック。
ひねりがないので、印象がちょっと弱い。
そのせいか、ドラムばかりに目がいってたなぁ。
てかあのドラムはカッコええよ。
ということで、ドラムをまた見たい(笑)

5. ANARCHY STONE
ピースメーカーを見に行ったときに偶然見たアナーキーストーン。
かわいいという言葉が似合う女の子なのに、あそこまで激しいのが嵌りどころ。
エッグマンでのライブのときは、千葉限定CDがあるということだったので、千葉まで行く覚悟でしたが、幸いなことに今日手に入れることが出来ました(^o^)
相変わらず、いや前回より激しいな。
本日は完全サラリーマンスタイルだったので、モッシュもヘドバンもしなかったけど、うずうずする。
次回は暴れに私服参加を希望。
さて、レコ初ツアー中なんで次回はどこで会えるかな?

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2006.12.0223:50

12月2日(土) 東京新宿・Marble

今日は新宿マーブル。
ぴあ見てたら、片山ブレーカーズと騒音寺が出ることに気付いて、昨日慌ててチケット購入。
ライブハウスに入る前に、隣をチェックしたらマーズにエメラルズ、モーションにRECO.が出てた。
帰りに会えれば声かけよう。

"Hard Candy vol.9"

1. THE BAWDIES
来たね頭から。
正当なロック。
最近こんな感じに興味あるなぁ。

2. マダムキャッツ
今回でおそらく3回目かな?ライブ見るの。
妖艶さをもったレディスバンドが最近面白い。
いやいや、女性の想像力表現力には見るたびに驚かされるばかりです。

3. 片山ブレーカーズ&ザ・ロケンローパーティー
そろそろ何年目のおつきあいでしょうか?
やっぱりこういうほかにはない雰囲気を持つバンドは大好き。
見てて楽しいでなく、彼らしかない楽曲が、ライブのたんびに足を運ばせてくれる。
今日の終わったあとの感想は?
こら!短いぞ!!

4. 騒音寺
初めて見た頃は、たまたまほかのバンドと対バンだったって感想しかないけれど、「ダニ」はいつまでも頭に残ってた。
夏に久しぶりに京都ボロフェスタで見て、俺の中で火がついたみたい(笑)
やっぱり騒音寺も彼らだけの雰囲気を持っているからだろう。
今日のMCベストは「クリスマスは関係ない。俺ら寺だから」

エメにご挨拶をし、ライブ仲間との見に行き途中就寝zzz

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

リンク
最近のコメント
プロフィール

きっちぃ

  • Author:きっちぃ
  • 音楽を愛す!ライブを愛す!友を愛す!
    素敵な毎日に乾杯!
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。